レーザー加工

レーザー加工とは、納品いただいたデザインデータをもとに、レーザーの出力で素材を加工する手法です。ユープランではこの度、印刷物以外にも様々なグッズ製作に対応できるよう、レーザー加工機を導入しました。型や版を作成することなく、デジタルデータをプリンタのように簡単に出力することが可能です。小ロット、スピード加工にも対応していますので、まずは一度お試しください。

高速カット

設備紹介

FLEXI 600TT

  • FLEXI600TT.jpg
  • クラス最高速の加工スピードを持つ、最新鋭のイタリア Sei LASER社製 高性能レーザー加工機。「カット」「ハーフカット」「表面彫刻」の多彩な超微細カットで紙だけでなく、木材や革製品など多彩な素材に繊細でデザイン性の高いカットを施し、印刷物の高付加価値化を実現します。
プロ仕様のパワーを、コンパクトに凝縮
  • 600×600mmの加工エリア

    600×600mmまでの様々な大きさの素材に対応。さらに「スライディングテーブルモデル」では、最大で1360×600mmのワークエリアに対応可能となります。

  • 様々な素材の加工に対応

    薄い素材の「カット」と「ハーフカット」、様々な素材への「表面彫刻」など、繊細でデザイン性の高い加工が可能です。

    加工の事例
    • ・ペーパーの超微細カット、ハーフカット
    • ・シールラベルのハーフカット
    • ・木材の彫刻
    • ・革製品の彫刻
    • ・アクリルの表面彫刻
pagetop